プロフィール

Mayuko

 

AEAJ認定 アロマセラピスト

AEAJ認定 アロマテラピーインストラクター

一般社団法人サードメディスン・プロジェクト 認定アドバイザー

 

大阪・千里中央中心に活動しています。

 

私がアロマテラピーに興味を持ったのは、今から約20年前の欧州バックパッカー旅行。ふらっと立ち寄ったガラスの小瓶が並ぶお店。そこで嗅がせてもらった香りは、旅先での不安や疲れを一瞬で和らげ、気持ちをリセットしてくれました。天然の香りがこんなにも心地良いものだったなんて・・。

 

それから本格的にアロマテラピーを学び始めたのは2002年になってから。日本で一番大きなアロマテラピーの協会である、公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)の認定スクールの門を叩きました。その時初めて、アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルに、香りだけでなく、様々な薬理作用があるということを知ったのです。アロマテラピーの奥深さに魅了された瞬間でした。

 

 

2013年、香りがどのように人に働きかけるかではなく、香りに対する人の反応から体調や心理の変化を読み解く『サードメディスン理論』と出会いました。

 

サードメディスンでメディカルアロマテラピーについての勉強を深めていく中で、一般的に伝わるアロマテラピーについての誤解や真実を知り、個々の体質に合った精油を使っていくことの大切さを学びました。

例えば、同じ『眠れない』という状況に対しても、人によって必要としている精油は全く異なってくるのです。 

体質に合った精油を適切に使えるようになったことで、自信もつきましたし、私の中のアロマテラピーの位置づけが大きく変わりました。

 

興味の尽きないヒトの体のこと、食べ物のこと、心と体のつながりについて。

サードメディスンとともに、さらに深めて行きたいと思います。 

 

 

 

これまで様々な場所でアロマテラピー講座を行わせて頂きました。ありがとうございました!